2021/2/6 土曜日

90'sインディポップ特集2021

ココ吉ブログのライフワーク的シリーズを今年も。
今回は思い入れの強い2つのUSインディポップバンド、MY FAVORITEとPOUNDSIGNフィーチャー回、という感じになりました。

MY FAVORITE / GO KID GO ('94) [USED 7inch/US] 2500円
MY FAVORITE / GO KID GO (’94) [USED 7inch/US] 2500円
ニューオーダーmeetsインディポップ、な哀愁最高バンドの1stシングル。
ジャケの「The Last NEW WAVE Record」の文言にアツくなります。
absolute beginners again

MY FAVORITE / THE INFORMERS & US ('95) [USED 7inch/US] 1800円
MY FAVORITE / THE INFORMERS & US (’95) [USED 7inch/US] 1800円
続く2ndシングル。こちらも最高に泣き泣きな名曲。
ジャケもなんか泣けます。
the informers

POUNDSIGN / DISASTOR ('94) [USED 7inch/US] 1000円
POUNDSIGN / DISASTOR (’94) [USED 7inch/US] 1000円
最愛なるヘボヘボ泣き泣き90’s USインディポップバンド、パウンドサイン!
Poastalとのスプリット形式で出た1stシングル。
リリースは<Small-fi>というレーベル。なんというレーベル名なのさ。。。
disastor

POUNDSIGN / THE ALMONDY MANY ('96) [USED 7inch/US] 900円
POUNDSIGN / THE ALMONDY MANY (’96) [USED 7inch/US] 900円
初の単独リリースの2ndシングル。
後の名盤1stアルバムとくらべるとかなりザリザリなヒリツいたインディー感ですが素敵です。
ハンドメイドシルクスクリーンジャケも気分です。
the almondy manys

POUNDSIGN / MICHIGAN ('97) [USED 7inch/US] 1400円
POUNDSIGN / MICHIGAN (’97) [USED 7inch/US] 1400円
3rdシングル。
このキラキラ電飾ジャケ(ホムカミを思い出しますね)を見ながら聴いているとグッときて泣きそうになります。
rooftops

THE SHAPIROS / MONTH OF DAYS ('95) [USED 7inch/US] 1000円
THE SHAPIROS / MONTH OF DAYS (’95) [USED 7inch/US] 1000円
パウンドサインと同じ<FANTASTIC>レーベルのこれまたたまらなく最高なバンド。
ヴォーカルはあの神バンドBLACK TAMBOURINEのパム・ベリーさん。
アートワークも含め切ない良さに溢れていて、ああ、インディポップ最高、、という気持ちになります。
do you know

THE SHAPIROS / GONE BY FALL EP ('96) [USED EP/US] 1000円
THE SHAPIROS / GONE BY FALL EP (’96) [USED EP/US] 1000円
2ndシングル。
引き続き繊細な魅力に溢れたアートワークと内容が素晴らしいです。
makes me smile

GLO-WORM / WISHING WELL ('95) [USED 7inch/US] 1200円
GLO-WORM / WISHING WELL (’95) [USED 7inch/US] 1200円
こちらも同じくパム・ベリーさんがやっていたインディポップフォーク・グループ。
名門<SLUMBERLAND>から出た2ndシングル。
ジャケットも音楽性も一貫した切ない美意識に貫かれていて。パム・ベリーさんworksすべて集めたくなります。
wishing well

DEARLY / ONLY BETWEEN ('94) [USED 7inch/US] 800円
DEARLY / ONLY BETWEEN (’94) [USED 7inch/US] 800円
このブログでもよく取り上げている良レーベル<GRIMSEY>002番。
単独リリースはこの7インチのみ(だと思う)バンドによる切なくもしみるインディーバラッドの傑作で今回は美しく終わりたいと思います。
only between

Filed under: 入荷[used],特集 — coconutsdisk kichijoji @ 21:00:00

2020/11/6 金曜日

90’sインディポップ特集’20

久しぶりの中古盤ブログ!
そして久しぶりの90’sインディポップ特集!なんと前回は5年前でした。。。oh

FAT TULIPS / NOSTALGIA ('92) [USED 12inch/UK] 1000円
FAT TULIPS / NOSTALGIA (’92) [USED 12inch/UK] 1000円
アーリィ90’sアノラック代表格。
ジャケもナイスな5曲入り12インチ。B-1「last to know」がめっちゃ好き。
last to know

FOUR-LETTER WORDS ('90) [USED ZINE/US] 2500円
“FOUR-LETTER WORDS” (’90) [USED ZINE/US] 2500円
同名のレーベルも運営していたアーリィ90’sインディポップZINE。
極初期のブリッジの貴重な音源「MOTORCYCLE ANGEL」を収録したソノシート付き!!!
motorcycle angel

BLACK TAMBOURINE / BY TOMORROW ('91) [USED 7inch/US] 3500円
BLACK TAMBOURINE / BY TOMORROW (’91) [USED 7inch/US] 3500円
90年代初頭のUSアノラック~シューゲイズバンドの中でも神々しいまでにカッコ良かったバンド。
名門<slumberland>からリリースされた1stシングル。
ハンドメイドぬりえジャケがたまりません。
by tomorrow

BLACK TAMBOURINE / THROW AGGI OFF THE BRIDGE ('92) [USED 7inch/US] 4800円
BLACK TAMBOURINE / THROW AGGI OFF THE BRIDGE (’92) [USED 7inch/US] 4800円
ドマイナーレーベル<audrey’s diary>から出た2ndシングル。
限定ハンドメイドジャケ・ナンバリング入り仕様。
このヴェリーレアなシングル、なんとこの冬にスランバーランドが再発するようですね。

THE BEST WISHES / SHOEBOX FULL OF LOVE EP ('97) [USED 7inch/US] 2000円
THE BEST WISHES / SHOEBOX FULL OF LOVE EP (’97) [USED 7inch/US] 2000円
mid-90’s USインディポップバンド唯一の単独作。
消え入りそうなウィスパーガーリーヴォイスが泣ける!!!
全5曲入り。名盤!
luckiest love

POASTAL / HERE ('95) [USED 7inch/US] 700円
POASTAL / HERE (’95) [USED 7inch/US] 700円
こちらもmid-90’s USインディポップバンド唯一の単独作。
Tweeなガールヴォーカルがちょっとオルタナめなサウンドに乗るとなんとも切ない感覚になって良いです。
here

SCREEN PRINTS / SAMME TIME NEXT YEAR ('98) [USED 7inch/UK] 500円
SCREEN PRINTS / SAMME TIME NEXT YEAR (’98) [USED 7inch/UK] 500円
レイト90’s UKハーモニーインディポップGem。
Be My Baby~Just Like HoneyマナーなオールディーズちっくインディーのB面も良いです。
sametime next year

MUSICAL CHAIRS / BOTTLED UP ('92) [USED 7inch/US] 600円
MUSICAL CHAIRS / BOTTLED UP (’92) [USED 7inch/US] 600円
アーリィ90’sひとりインディポッパーもの。
ショボいが胸につきささる切なさがあってたまらない。。。
bottled up

HUSHPAD / DEAR JENNY ('97) [USED 7inch/US] 1000円
HUSHPAD / DEAR JENNY (’97) [USED 7inch/US] 1000円
90’s USインディポップフォーク~ネオアコかくれ名盤。
ベンワット~ブルーボーイに連なる男子独りネオアコの傑作A面(よく聴くと後ろでコオロギが鳴いている…泣)、ネオアコボッサのB面、どちらも最高です。
dear jenny

THE KG / SHOW ME ('98) [USED 7inch/US] 900円
THE KG / SHOW ME (’98) [USED 7inch/US] 900円
キッキング・ジャイアントのテイ・ウォン・ユと<K>レーベルのカルヴィンによるユニットの唯一シングル。
最高の切なファンキー・インディーロック!!!
show me

* * *

ここに載せたもの以外にも7インチを中心に90’sインディポップものたくさん出してますのでぜひお店まで見に来てください~~
1106DIGTOSEFUZZYSOUNDS

Filed under: 入荷[used],特集 — coconutsdisk kichijoji @ 19:53:09

2019/12/28 土曜日

THE BACHELORS / RIVER AND ROAD

THE BACHELORS / RIVER AND ROAD ('88→'19) [NEW CASSETTE/JPN] 1500円
THE BACHELORS / RIVER AND ROAD (’88→’19) [NEW CASSETTE/JPN] 1500円

間違いなく2019年の再発大賞。
ペニー・アーケード、ロリポップ・ソニックと並び賞される「黎明期東京ネオアコシーン3大バンド」のひとつ、バチェラーズの音源がついにリイシューですよアナタ!しかもカセットで!泣
’88年にリリースされた6曲入りカセット『RIVER AND ROAD』にボーナストラック6曲追加した全12曲入り。
「’88年にリリースされた6曲入りカセット」とか、さも知ってるかのように書いてますけどね、こんなもの見たことも聴いたこともありませんからね。そういった作品が存在していたんだ!という。

  SIDE A
   1.1.tears of crown
   2.(waiting in the) ferry boat
   3.pink and blue
   4.small town (is a strange place)
   5.mr.tambourine man
   6.my early day lover

  SIDE B
   1.(waiting in the) ferry boat (from『katsumi no sekai』)
   2.bachelor again (from『katsumi no sekai 2』)
   3.river and road (from『英国音楽 vol.11 付録フレキシ)
   4.tears of crown (1988/9/14 crocodile live)
   5.green (1988/9/14 crocodile live)
   6.chick room (1988/9/14 crocodile live)
   7.elevator (1988/9/14 crocodile live)

A面にオリジナルの6曲、B面にありったけの現存する音源を7曲、という構成。
この1本でバチェラーズが残した全ての音源が聴ける、というありがたさ。

加えて、詳細なデータ、図版が掲載された解説ペーパーと当時のライヴインフォDMを復刻したポストカード(2種あり)付き、という愛ある仕様が本当に素晴らしいです。。
そしてこうした歴史的、と言っても良いくらいのリイシューを高円寺の小さなレコードショップが成し遂げている、という事実も素敵だなと思うのです。

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 14:35:06

2019/11/8 金曜日

小出亜佐子 / ミニコミ「英国音楽」とあのころの話 1986-1991

ぼくにとって今年いちばん、いや、この数年でいちばんの本がついに出てしまいました。。泣

小出亜佐子 / ミニコミ「英国音楽」とあのころの話 1986-1991 [NEW BOOK/JPN] 2300円
小出亜佐子 / ミニコミ「英国音楽」とあのころの話 1986-1991 [NEW BOOK/JPN] 2300円
このすごい本、この素晴らしい本、は、いったい何なのかというと、
伝説のファンジン『英国音楽』をやっていらした小出亜佐子さんの回想録。
…なんて、とても簡単にご紹介してしまいましたが、これこそぼくがずっと読みたかった本なのです。

ページを開けてすぐの前書き「はじめに」の時点でああ、これ完全に読みたかったやつだ、わあー。。と、グッときまくってしまいました。クリックで拡大して読んでほしいんですが、きっとこのブログを好きで見てくださってる皆さまならぼくと同じようにたまらない気持ちになってくれると思います。。
1108eikoku_2

80年代中期、日本の若者たちがどんなふうにしてイギリスのインディポップを聴いていたのか。そして、聴いていたのはどんな若者たちだったのか。
まだほんの少ししか読んでいないけど(すぐに読み終えてしまうのがもったいなくて、じっくりじっくり読んでいる!!)、きっとそんな、ぼくがずっとずっと知りたかったことが書いてあるに違いありません。
小出さん、よくぞこの本を書いてくださいました。本当にありがとうございます。。

* * *

1108eikoku_4
ココ吉だけの特典として、コンコルド・グラフィック相馬章宏さんリ・デザイン、という、つまりはオフィシャルの、由緒正しきHappy extream!バッヂをご用意いたしました。
(1987年にパステルズバッヂからストーリーが始まったように、あなたがこのHappy extream!バッヂをつけてライヴハウスに行ったことによって何かが始まるかもしれないよ)

1108eikoku_5
加えて、本日小出さんにご来店いただき、初回入荷分すべてにサインを入れていただきました。(ありがとうございます涙)

店頭で手に取っていただけると判るとおもいますが、装丁も素晴らしいんです。手書きでこそないけど、デザインからミニコミ/ファンジン感が滲んでいて。たまらなくワクワクします。ぜひぜひ当店まで現物を見にいらしてください。

最大級のリスペクトを込めて大量に仕入れました。今月のマストアイテムです!
1108eikoku_3

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 20:09:36

2019/5/27 月曜日

THE SERVANTS / THE SUN , A SMALL STAR

THE SERVANTS / THE SUN , A SMALL STAR [NEW EP/US] 1500円
THE SERVANTS / THE SUN , A SMALL STAR (’86) [NEW EP/US] 1500円
当店ではシリーズ第1弾のAPPLE BOUTIQUEから欠かさず取り扱っているアメリカのリイシューレーベル<OPTIC NERVE>の80’sインディポップレア7″再発シリーズの8枚目が届きました。

音も人脈もCREATIONど真ん中なのになぜかCREATIONから出なかったmid80’s伝説のインディギターポップバンド、サーヴァンツが’86年にリリースした2枚目のEPがこの『THE SUN , A SMALL STAR』。
このレコード、あの『英国音楽』の小出亜佐子さんが選ぶギターポップの10枚にもセレクトされていたくらいの由緒正しき名盤、でありつつもなかなか手に入れづらい一枚だったのでこうして初の再発がなされたのは嬉しいです。
なんせこのかっこいいジャケ。これが欲しかったんだよね!
しかも当時は出なかった(オリジナルは12インチのみのリリース)7インチで、というのもイイ。
曲もカットされずにちゃんと4曲入ってるし。ありがたい。

0524servants4
このシリーズのお楽しみのひとつ、カラーヴァイナル。今回はこんなサイケポップなお色となっています。

0524servants3
もうひとつのお楽しみ、おまけ復刻ポスターとポストカードこんな感じ。ポストカードかっけええ!

0527servants1
そして国内流通盤には日本語ライナーノーツが付くんですが、今回なんと私が執筆させていただいておりまして、、
90年代初頭の子供たちがいかに80’sインディポップの情報が無い中、手探りでレコードを買っていたか、という事を、この場を借りて書き残してみました、といった内容になっていますのでぜひ読んでほしいです。

* * *

そんな内容のライナーノーツを書いたので、今回このブログではそのライナーの補足的な感じで、ぼくが91~92年頃に80’sインディポップ~ギターポップのレコードを買う参考にしていたものたちをいくつか載せてみたいと思います。

0527servants2
まずはやっぱりフリッパーズがやっていたラジオ番組『マーシャンズ・ゴー・ホーム』。
特に’91年5/7と5/14の2週連続のC86~アノラック~キューティーズ特集はエアチェックしたテープ何度聴いたことか!ヴァセリンズMolly’s LipsとタルラーゴシュSteaming Trainの衝撃。

0527servants3
池袋WAVEで配布していた瀧見憲司さん出演のDJイベントのフライヤーの裏に載っていた「TAKIMI’S SELECTION CHART 」。このネオアコ名曲ベスト10とアノラック名曲ベスト10を全部聴くことだけを考えて生きていたあの頃。。涙

0527servants5
5人時代のフリッパーズのインタビュー記事目当てで買った『FOOL’S MATE』’89年9月号に載ってた素晴らしい記事。フールズメイトでは桜井通開さんがこうしてちょくちょくギターポップ系の記事を書いていて、よく古本屋で参考になりそうなのが載ってる号を探して買っていました。

0527servants4
『Pee Wee』’90年11月号。女性ファッション誌上でこれをやったフリッパーズギターは本当に偉大。
これでジャケ憶えてたIN EMBRACEの12インチを新宿のいまは無きえとせとらレコードで見つけて嬉しかった思い出。

* * *

<OPTIC NERVE>再発シリーズ、本国アメリカでは既に完売とのこと。
再入荷はございませんので気になる方はお早めにお買い求めください。
シリーズ6番のWEDDING PRESENT、7番のTHE WAKEも同時入荷しています。どちらも最高!併せてぜひ。

0524servants2

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 20:38:45
次ページへ »

HTML convert time: 0.109 sec. Powered by WordPress 3.1.2