2004/6/11 金曜日

いますぐ梅雨をぶっとばせ

雨がしとしとしとしとじめじめじめじめ、、、、、。
なにかとうっとおしい季節になって参りました。皆様如何お過ごしでしょうか。
今回はそんな梅雨をぶっとばせ!って事ですっきり・さわやかアコースティック・スウィング
の傑作盤でもきいてみましょう、というお話。
lewlondon.jpg
LEW LONDON
“SWINGTIME IN SPRINGTIME” [US LP |PH 1032(PHILO)]
¥7800 (tax in.¥8190) 状態(盤/ジャケ):A-/A-SOLD OUT!
まずは近年静かなブームを呼んでいるアコースティック・スウィングの
ブームのきっかけになったこの名作から。
アコギで2ビートを刻むとこーんなに気持ちイイって事を皆に気付かせた一枚ですね。
針を落とすやいなや、スッタカスッタカ調子よくスウィングしまくります。

本作、当店でも取り扱っておりますグレイト・ジャパニーズ・レーベルem recordsより、再発CDが出ております。
emlewlondon.jpg
[JPN CD |EMCD1007(em)]\2800(tax in.\2940)国内新品
ブックレットには詳細なバイオ、鈴木カツ×大江田信×ROCKIN’エノッキーによるアコースティック・スウィングとは一体なんぞや?対談等掲載されており、しかも未発表音源のボーナストラック8曲追加の超お得盤です。アナログへのこだわり無い人は絶対こっち買ったほうがイイよ!

centralpark.jpg
THE CENTRAL PARK SHEIKS
“HONEYSUCKLE ROSE” [US LP |FLYING FISH 026(FLYING FISH)]
¥3500 (tax in.¥3675) 状態(盤/ジャケ):A-/A-
こちらもアコースティック・スウィング定番中の定番。
和み度250、さっぱり度300のまさにこのじめじめした季節にもってこいの名盤です。

そしてこちらもemレコードから再発CDが出ております。
emcentralpark.jpg
[JPN CD |EMCD1010(em)]\2800(tax in.\2940)国内新品
ノアルイズ・マ−ロン・タイツのメンバーによるディスク・ガイド「アコースティック・スウィング名盤20選」などブックレットも充実&タメになり、この辺の音楽の入門にはうってつけな仕様になっててとてもお薦めです。

swingtunes.jpg
DAN SADOWSKY & THE OPHELIA SWING BAND WITH MIKE SCAP
“SWING TUNES OF THE 30′s & 40′s” [US LP |BC1313(BISCUIT CITY)]
¥6000 (tax in.¥6300) 状態(盤/ジャケ):A-/BSOLD OUT!
数有るアコ・スウィングものの中でもジャイヴ度の高さはちょっと見当たらない大人気盤。
キャブ・キャロウェイのアコースティック編成でのカヴァ−等「こーゆーの探してたんだよ!」
なアコースティック・ジャイヴの理想型がここに!
よくジャンプはしても汗はかきたくない貴方に。

ianwhitcomb.jpg
IAN WHITCOMB’S RED HOT
“BLUE HEAVEN” [UK LP |K56347(WEA)]
¥2300 (tax in.¥2415) 状態(盤/ジャケ):A-/A
20′s〜40′sのグッド・オルド・アメリカン・ミュージックにとり憑かれてしまった英国紳士。
ウクレレを弾きながらヘロヘロとした声で唄う、好きものにはたまらない世界。
この人、リリースされているアルバム全て最高なのですが、本作はバックにビッグバンドを従えた
ひときわきらびやかでドリーミィな仕上がり。

tulip.jpg
DUCK BAKER
“WHEN YOU WORE A TULIP” [UK LP |SNKF123(KICKING MULE)]
¥2400 (tax in.¥2520) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
こちらは逆に一切の装飾の無いアコギ1本による独奏。
今日、雨の降る中これBGMにして仕事してましたが、これ良いよ〜。
2ビートで小気味よく突っ走るジャジーなのからほのぼのラグタイム等
いろいろなスタイルが楽しめるし、なにより雨の音との相性バツグン!
一気にじめじめがさらさらに!あなたのお部屋で是非鳴らして見て下さい!!

howtoplayrag.jpg
STEFAN GROSSMAN & TON VAN BERGEYK
“HOW TO PLY RAGTIME GUITAR” [UK LP |XTRS 1151(TRANSATLANTIC)]
¥2300 (tax in.¥2415) 状態(盤/ジャケ):A-/A
ラグギターものをもう一枚。
こちらはアコギ2本のデュエット。テクニックは申し分の無い名人2人なので
安心して腰掛けていられる座り心地の良い椅子のような音楽なり。
加えて素晴らしいのが録音。アコースティック楽器ならではの倍音がとっても気持ちよく、
しっかり録音されています。マイナスイオン出まくってる!
howtoplayrag2.jpg
そしてこのレコードには楽譜が付いております。
ギターやる人は是非トライして見ましょう!

さて梅雨の季節のアコースティック・スウィング特集、いかがでしたか?
今回紹介したようなレコード、お持ちで無い方はウチの店でいますぐゲットして、
既に持ってる方はレコード棚から取り出してお部屋で鳴らして見て下さい。きっとすっきりしますよ。

P.S.
これらのレコードはばっちり晴れ渡った空の下で聴いても最高だって事も付け加えておきます。

過去の関連記事→ジャグる心

Filed under: 特集 — coconutsdisk kichijoji @ 15:36:44

HTML convert time: 0.427 sec. Powered by WordPress 3.1.2