2017/3/21 火曜日

銀杏BOYZ / ラストラーダ

銀杏BOYZ / ラストラーダ [NEW CASSETTE/JPN] 2000円
銀杏BOYZ / ラストラーダ [NEW CASSETTE/JPN] 2000円

銀杏BOYZの”シングルコレクション”が出ました。
シングルコレクションとかシングルズとかシングルA’s&B’sとか(あとはシングルズ・ゴーイング・ステディとかね)
ベスト盤とはちょっと違う、オリジナルアルバムに未収録の楽曲を一枚のアルバムとして通して聴けるこの手の編集盤というのがぼくはホント好きで。
銀杏はシングルオンリーの曲も多いし、これほんとありがたい企画だよなー、と思う。

A
01. BABY BABY
02. あいどんわなだい
03. 東北新幹線はチヒロちゃんを乗せて
04. 光 -album version-
05. ナイトライダー

B
01. ボーイズ・オン・ザ・ラン
02. べろちゅー
03. ピンクローター
04. チヒロちゃん REMIX
05. ぽあだむ
06. 東京終曲

で、実際に通して聴いてみるとこれが実に良い曲順になっているんですね。
クロノロジカルオーダー、つまり単純に年代順/リリースされた順番に収録されているだけ(シングルコレクションってそういうもんだ)なんだけど、妙にセンチメンタルになっちゃうんだよ。
B-4「チヒロちゃん REMIX」(これだけは今回初出音源だ)が終ってB-5「ぽあだむ」が始まる瞬間とか!
全部聴き終えた後に「あいどん」のおっぺけペーってのがなんだか懐かしく思い出されて寂しいような切ないような気持ちになっちゃう感じとか!
で、この感じ、『生きたい』聴いた時も『愛地獄』観た時もそうで。峯田一人になってからの銀杏BOYZの作品全体に共通するものなのかなと。
この『ラストラーダ』、シングル集ではあるけれどやっぱりあくまで2017年の銀杏BOYZの作品なんだなあと思ったのでした。

あと、すばらしい!と思ったのが、各サイドの終わりに余分な余白が無いという点。ちゃんと曲が終ったらテープも終って、すぐ裏返して聴ける。早送りしたりしなくていい。これって普段カセットで音楽聴きまくってる人だからこそ出来る気遣いだよね、と嬉しくなった。
今回、DLコードも付いているけど、やっぱカセットで聴いてほしいな。

店頭まで急いで買いに来てくれた方にはおまけも付きます。ぜひ急いで買いにいらしてください。

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 13:33:08

2016/11/9 水曜日

スカート / サイダーの庭 analog 10inch

(ジャケ画像クリックで通販できます)
スカート / サイダーの庭 [NEW 10inch/JPN] 2500円
スカート / サイダーの庭 [NEW 10inch/JPN] 2500円

スカートの2014年の傑作ミニアルバムがついにアナログ盤化です!
しかも、10インチで!
ミニアルバムがアナログになるんなら10インチサイズが至高、と考えるぼくら(澤部渡含む)にとって悲願といえる10インチサイズで!
国内プレス工場はもう10インチの製造が不可能との事で一度は立ち消えになったこのアイデア、気合のドイツプレスにより実現する事が出来たようです(涙)

  SIDE A
   1. さかさまとガラクタ
   2. アポロ
   3. 都市の呪文
   4. ラジオのように

  SIDE B
   1. サイダーの庭
   2. はなればなれ
   3. 古い写真
   4. すみか

いい曲いっぱいだけど、ぼくは「はなればなれ」「古い写真」という後半の2曲を猛烈に愛しています。
そして、その2曲からの「すみか」が、ほんとジーンときてしまうんだよな。
はなればなれ

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

古い写真

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

改めて聴きかえすと、この時点であの名盤『CALL』を生み出すモードは始まっていたんだなと思わされます。
エモーショナルでソウルフルでせつなくてほろ苦いオルタナティヴなロック。…この音楽を「ポップ」と言い切る澤部くんはほんと最高だと、ぼくはずっと思っています。
『CALL』でスカートの音楽に初めて触れたという方、ぜひこの機会にこの『サイダーの庭』聴いてみてください。

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 12:03:32
次ページへ »

HTML convert time: 0.532 sec. Powered by WordPress 3.1.2