2020/11/9 月曜日

ミツメ / トニック・ラブ

ミツメ / トニック・ラブ ('20) [NEW 12inch/JPN] 2100円
ミツメ / トニック・ラブ (’20) [NEW 12inch/JPN] 2100円

今年8月に配信リリースされたミツメの新曲がフィジカルリリースです。
今回、CDの発売は無くアナログ12インチシングルのみ。

1111mitsume2
12インチの外側の溝だけを贅沢に使ったこの光る盤面をご覧ください。
とにかく、音が素晴らしい!!!
アナログ12インチ45回転盤の良さが爆発してる太い音に惚れ惚れしてしまいました。
なんで7インチじゃないんだろう、と、思ってたんだけど、なるほどそうかという感じです。

B面はtofubeatsリミックス。
これがとーーーーっても気持ち良い。アナログ盤で大きな音に包み込まれるように聴けたら昇天するでしょうね。
サブスクで満足してる場合じゃないっすよ、ほんと。なーんて。

* * *

大人にしかわからない、なんか寂しいなみたいな感じ。ミツメはそんなことを歌ってる。
…って昔、川辺くんが言ってたけど、トニック・ラブはそれの最高峰だと思う。
そういう意味で現代のAORってミツメの音楽だと思うし、アダルト・オリエンテッド・ロックってミツメの形容詞にしか思えなくなってくる。

2010年から10年経って、ミツメもスカートもシャムキャッツもホムカミもそれぞれの年のとり方をしてきていてそれがこれからもとても楽しみになっています。

1111mitsume3

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 18:31:39

2020/10/23 金曜日

銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命・DOOR

明日はいよいよレコードストアデイの変則ヴァージョン=RSD DROPSの最終回!
明日リリースとなる限定アイテムの中から、当店が取り扱うのは…

やっぱり最後も銀杏BOYZ!!!!!!
銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命[3rd Press]('05→'20) [NEW 2LPs/JPN] 3900円
銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命[3rd Press](’05→’20) [NEW 2LPs/JPN] 3900円

銀杏BOYZ / DOOR[3rd Press]('05→'20) [NEW 2LPs/JPN] 3900円
銀杏BOYZ / DOOR[3rd Press](’05→’20) [NEW 2LPs/JPN] 3900円

8月のRSD DROPSであまりにもあっという間に売切れてしまったため、ありがたいことに再プレス、となり、明日の最後のRSD DROPSでもお店に並べることが出来ます。本当に良かった。嬉しい。

今回の”3rd Press”、細かくいろいろと初回盤や2ndプレス盤との違いがあってマニア的にもそそるところがあったりするんですが、でもやっぱり、それよりも、純粋にこの作品をアナログレコードで再生する喜びを1人でも多くの人に味わってほしいなと思っています。この2枚のアルバムのアナログ、本当に良いんだからさ!
ずっしりとしたこの重さ。最高の音圧。買ってよかったな、という気持ちになれるこの感覚をぜひとも味わってほしいです。

1024GINGNANG
前回買えなかった~~~という方、今回は予算いっぱい使ってたくさん仕入れたのでぜひぜひ買いにいらしてください!!!

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 19:16:41

2020/9/25 金曜日

PIZZICATO ONE / 前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン

明日9月26日はレコードストアデイの変則版=「RSD DROPS」の2回目、RSD SEPT26です。
明日リリースとなる限定6アイテムのうち、当店が取り扱うのがこのピチカート・ワンのアナログ盤です。

新型コロナウィルスの影響で二転三転した今年のレコードストアデイですが、その結果良かったといえるのが当初予定のなかったこのレコードがRSD商品として追加エントリーされた事。
小西さんのレコードをRSD商品としてお店に並べることができる。実店舗レコ屋店員であるぼくとってこれは大きな喜びです。先月は銀杏で今月は小西さんって!2020年のRSD、めっちゃココナッツじゃん!

PIZZICATO ONE / 前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン ('20) [NEW LP+7inch/JPN] 4500円
PIZZICATO ONE / 前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン (’20) [NEW LP+7inch/JPN] 4500円

昨年10月に東京と大阪で行われたピチカート・ワンのビルボード公演を収めた実況録音盤。
CDと配信では既に発表済みだったこのアルバムの、満を持してのアナログ盤リリースです。

pizzicatoone_2
配信で聴くのとはやはりまったく聴こえ方が違います。
ズン、とくる音像。静かな興奮。最高の音質!

 SIDE A
  1. めざめ
  2. 東京の街に雪が降る日、ふたりの恋は終わった。
  3. 神の御業
  4. きみになりたい
  5. 地球最後の日
 SIDE B
  1. メッセージ・ソング
  2. 東京上空3000フィート
  3. テーブルにひとびんのワイン
  4. ゴンドラの歌
  5. 涙もろくなった。

pizzicatoone_3_1

pizzicatoone_4_1
このアナログ盤、LPと7インチの2枚組仕様となっています。
7インチにはアンコールで演奏された2曲が収録、という粋な構成。
2LPsにはするもんか、という小西さんのこだわりも滲んでますね。さいこー。

 Side A また恋におちてしまった  
 Side B 子供たちの子供たちの子供たちへ
  

アルバムタイトルの「前夜」ってなんの前夜なのかといえばこれは台風直撃の前夜、なんですよね。

ここに収められているビルボード東京での公演当日は観測史上最大級の大型台風が日本に直撃する、と予報されていた日の夜でした。窓ガラスには養生テープ。外に出なくてもいいように食料品を買い貯める人々。早仕舞いするお店たち。ただでさえ大雨で浸水することの多い当店、前日からみんな不安でした。最悪の事態を予想してやれることはやっておこう。

そんな日にぼくはピチカート・ワンのライヴをみにいったわけです。そんな日なのに。なんという無責任!
いやいや、それくらいみたいライヴだったってことです。
なので、ジャケットに貼られたステッカーに書かれたコメント「地球最後の日がやってくるのに、あなたはレコードを聴いている。」が胸に沁みてきます。。笑
pizzicatoone_6

このレコードを聴くと、あの夜の、シーンと静まり返った街とそれとはうらはらにに心の中はざわざわしている感覚が思い出されてなんともいえない不思議な気持ちになります。

● ●

肝心なことを書いていませんでした。
このレコードは全曲小西さん自身によって歌われた、音楽家小西康陽による初のシンガー・ソングライターアルバムです。

こんなアルバムをずっと待っていました。
いつか絶対作ってください、とtwitterから本人へお願いしたこともありましたっけ。
そんなアルバムがアナログ盤になって、自分のお店で売ることができる、こんな日を待ってました。

皆さま、明日、ぜひぜひ買いにいらしてください。たくさん仕入れておきましたので。

pizzicatoone_5

Filed under: 入荷[new] — coconutsdisk kichijoji @ 21:01:31
次ページへ »

HTML convert time: 0.107 sec. Powered by WordPress 3.1.2