2004/7/31 土曜日

SYLVIA TELLES”THE FACE I LOVE”

sylvia telles.jpg
ARTIST:SYLVIA TELLES
TITLE:THE FACE I LOVE
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:KL-3503(KAPP) US ’6?
CONDITION(盤/ジャケット):AB/B-(裏ジャケにテープ跡)
PRICE:¥3200(TAX IN. ¥3360)

キュートなジャケも最高なガール・ボサの基本的アイテム。
ボサノヴァ・ファンだけでなくジャズ・ヴォーカル・ファンやガールポップ・ファンにもイケる内容ですよ。

CHERRY VANILLA”VENUS D’VINYL”

チェリーヴァニラ.jpg
ARTIST:CHERRY VANILLA
TITLE:VENUS D’VINYL
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:RVP-6401(RCA) JPN ’79 帯付き!
CONDITION(盤/ジャケット):A-/A-
PRICE:¥4000(TAX IN. ¥4200)

NYパンク・シーンで活躍した女性ロッカー。名曲”THE PUNK”収録のファーストで知ってる人も多いかも知れませんが、こちらはセカンドアルバム。バイクにまたがる迫力ジャケがイカす。
レアな国内盤帯付き!

Filed under: 未分類 — coconutsdisk kichijoji @ 15:22:32

2004/7/23 金曜日

ソフトロック・フロム・アザー・カテゴリィ

 当店では”SOFT ROCK FROM OTHER CATEGORY”っていう変なコーナーが有ります。
 このコーナーを覗くと、ソフトロック愛好家なら絶対にビビっとくるであろうイージーリスニングやジャズ等のレコードが入っています。今回はこのコーナー直送!なソフトロック愛好家に贈るイージーリスニング〜ジャズ・レコードを特集して放出しました。

allancopeland.jpg
ARTIST:THE ALAN COPELAND CONSPIRACY
TITLE:A BUBBLE CALLED YOU
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:ABCS-617(ABC) US ’6
CONDITION(盤/ジャケット):A-(若干反り有)/A-
PRICE:¥9800(TAX IN. ¥10290)SOLD OUT!
 まずは今回の放出の目玉!ソフトロックファンに熱い人気&レアなこの一枚です。
 アレンジャー アラン・コープランドが自身のシンガーズを従えて当時のポップヒット(アソシエイション、ペトゥラ・クラーク、ビーチボーイズ等々)やスタンダード曲をよりハッピーに、パワフルに、(不粋な言い方すると)フロア対応に料理した、も〜最高のレコード!
 あなたがソフトロック愛好家ならば全曲手に汗握る興奮を与える事、保証します!

bobthile.jpg
ARTIST:BOB THIELE & HIS NEW HAPPY TIMES ORCHESTRA
TITLE:DO THE LOVE
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:ABCS-615(ABC) US ’6
CONDITION(盤/ジャケット):A-/A-
PRICE:¥5800(TAX IN. ¥6090)SOLD OUT!
 こちらも同路線のナイスな一枚。それもそのはずで、同じABCからのリリース(番号はこちらのほうが2つ若い)、A.コープランド〜のプロデュースを担当していたボブ・シールがサンフラワー・シンガーズなる混成コーラス隊を従えて作ったリーダー作です。
 このボブ・シールという人はこの辺のレイト60′sのイージーリスニングジャズの代表的プロデューサーで、針を落として「オッ」てなるのは大抵この人が絡んでますね。
 石川晶のようなビッグな8ビートにひったすらハッピーなコーラスが被さり、ファズ・ギターまで飛び出すタイトル・ナンバーを聴いてもらえれば絶対欲しくなるはず。(web上でお聴かせ出来なくてすみません。店では試聴できます。)

count basie.jpg
ARTIST:COUNT BASIE with THE ALAN COPELAND SINGERS
TITLE:BASIE SWINGIN’ VOICES SINGIN’
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:VIM-5585(日本ビクター) JPN ’81
CONDITION(盤/ジャケット):A-/A-
PRICE:¥2000(TAX IN. ¥2100)
 才人・アラン・コープランドがビッグバンドの帝王・カウント・ベイシーと共演したアルバム。
 やはりA.コープランド・シンガーズをフィーチャ−しており、外しはないですね、この人。前2枚の様な8ビートでは勿論なく、4ビート中心の実に洒落た作品です。中でもトニ−・ハッチ作の名曲”CALL ME”を4ビートアレンジでやったB⑤はほんとお洒落!

kaiwadding.jpg
ARTIST:KAI WINDING
TITLE:RAINY DAY
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:V-8620(VERVE) US ’65
CONDITION(盤/ジャケット):A-/A-
PRICE:¥3000(TAX IN. ¥3150)
 混成コーラス入りイージーリスニング・ジャズの好盤をもう一枚。
 カイ・ウェディングのトロンボーンとアレンジで、プリヴェイリング・ウインズなるシンガーズを12曲中6曲でフィーチャ−。
 A④”LEAVE ME ALONE”はシャッフルのリズムとそれを刻むエレキギターといい、間奏のオルガンのチ−プな音色といい、リード及びカウンターコーラスのノヴェルティ感といい、まるでアーリィ60′sのポップソングの様で、そんなのに目がない私はにんまりしてしまいました。

oh!カルカッタ.jpg
ARTIST:(ORIGINAL CAST)
TITLE:OH! CALCUTTA!
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:CAL 991007(CALCUTTA RECORDS) HOLLAND ’6
CONDITION(盤/ジャケット):A-/A-
PRICE:¥3800(TAX IN. ¥3990)SOLD OUT!
 次はグッとヒップなレコード。
 バカ&エッチ版「ヘア−」なミュージカルのオリジナルキャスト盤。エイジオブアクエリアスでサマーオブラブな雰囲気満点の傑作です。けだるくグルーヴィなメインテーマはとあるレコードに取り上げられて有名になる訳ですが、そのレコードとは、、、↓

dave pell.jpg
ARTIST:THE DAVE PELL SINGERS
TITLE:MAH-NA-MAH-NA
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:LST-7631(LIBERTY) US ’6
CONDITION(盤/ジャケット):A-/B(CUT OUT)
PRICE:¥4800(TAX IN. ¥5040)SOLD OUT!
 前述の”OH! CALCUTTA!”のすんばらしいカヴァ−で幕を開ける、”SOFT ROCK FROM OTHER CATEGORY”の決定的代表的名盤!このレコードを知ってからというもの、アレンジャーの作ったレコードとか、イージーリスニング・コーラスものとか、中道ジャズとかをチェックするようになった、という人もきっと多いんじゃないかな。
  ”OH,CALCUTTA”、”MAH-NA-MAH-NA”、”KEEM-O-SABE”あたりに人気が集中してますが、ぼかぁ全曲好きだな。毒抜きされた”HONKY TONK WOMEN”なんか痛快ですらあります。加えてジャケットも最高だよね!

bob crew.jpg
ARTIST:THE BOB CREWE GENERATION
TITLE:MUSIC TO WATCH GIRLS BY
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:SLP 9003(DYNO VOICE/BELL) US ’6
CONDITION(盤/ジャケット):B/A-
PRICE:¥2500(TAX IN. ¥2625)
 60年代ポップ・プロデューサーのリーダーオーケストラアルバム、最高峰のひとつ。
 フォーシーズンズとかダイアンリネイとか手掛けた名プロデューサーなので音はまったくあのきらびやかな60′s USイーストコーストポップの世界です。生音系DJは必携でしょう!

mark wirtz.jpg
ARTIST:THE MARK WIRTZ ORCHESTRA & CHORUS
TITLE:HIT! HIT! HIT!
FORMAT:USED LP
CAT. NO.:SLC 296(LONDON/キング) JPN ’70
CONDITION(盤/ジャケット):B〜C/B
PRICE:¥2600(TAX IN. ¥2730)SOLD OUT!
 さて最後は、サプライズ!なんとマーク・ワ−ツの国内盤です!!!
 出てたんですねー、この国でも。しかしジャケからしてイージーリスニングの扱い。しかもアーティスト表記は「マルク・ウィルツ」。ドイツ読みするとこうなるのでしょうね。ライナーにはあの”ティーン・エイジ・オペラ”についても触れられているのが驚きです。
 さて肝心の中身も当然グレイト。”NEVER MY LOVE”(アソシエイション)、”OB LA DI OB LA DA”(ビートルズ)、”BLACK IS BLACK”(ロス・ブラボーズ)、”DIZZY”(トミ−・ロウ)等レイト60′sポップヒットをイージーリスニング化(全曲女性ヴォーカル入り)している訳ですが、そのほとんどがフロア対応ー”打って”おります。また、スモール・フェイセス”SHALA-LA-LA-LEE”はガ−リィなポップスにアレンジされており、M.ワーツならではの素晴らしい解釈を聴かせてくれます。 

Filed under: 特集 , — coconutsdisk kichijoji @ 15:23:19
次ページへ »

HTML convert time: 0.432 sec. Powered by WordPress 3.1.2