2004/4/12 月曜日

パイドパイパーで春キブン

ぽかぽかした日が続くこの頃皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんな季節にはパイドパイパーでディスクチャートでヴィレッヂグリーンなグリニッヂヴィレッジ周辺のサウンドは如何でしょうか。
ohionocks.jpg
OHIO KNOCKS
“S/T” [US LP |RS 6435(RIPRISE)]
¥3500 (tax in.¥3675) 状態(盤/ジャケ):A/B(CUT OUT)SOLD OUT!
まずジャケからしてウララカな、これから。
フィフス・アヴェニュー・バンドのピーター・ゴールウェイが結成したバンド
の唯一枚のアルバム。冒頭を飾る”Takin’ It Easy”は永遠の名曲。
ぽかぽかした日ざしを浴びて、何回もリピートして聴きたい大名作です。

onthebandstand.jpg
PETER GALLWAY
“ON THE BANDSTAND” [JPN LP |VS 1003(VIVID SOUND)]
¥2700 (tax in.¥2835) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
セカンド・ソロ・アルバム。
2年前の来日公演では客席からのリクエストに応えてプレイしてくれた名曲
“Sunday Basketball”収録。
何とリリース当時、国内オンリーのリリースでした(泣)。
こんなにいい音楽、なんで本国では無視されてるんだろう。

johnsebastian.jpg
JOHN SEBASTIAN
“JOHN B. SEBASTIAN” [US LP |SE-4654(MGM)]
¥3800 (tax in.¥3990) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
グリニッジヴィレッジ・サウンドといえばこの人は絶対外せません。
みんな大好きな人気曲”Magical Connection”収録の1stソロアルバム。
これ以上ないくらいピカピカな超美品での入荷です!

sebastianlive.jpg
JOHN SEBASTIAN
“REAL LIVE” [US LP |MS 2036(REPRISE)]
¥2200 (tax in.¥2310) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
個人的に一番愛おしいアルバムですし、セバスチャンの良さを一番とらえている傑作ライヴ盤。
セバスチャン未体験の人はこれから聴いて欲しいですね。
ギターとハーモニカでロックンロールを、フォークを、戦前ジャズを、カントリーを、ブルースを
行ったり来たりブレンドしてみせたり。こんなミュージシャン他にいないよ!
それに観客の拍手があったかい!ほんと、いいライヴ盤。

jorcecaldron.jpg
JORGE CALDERON
“CITY MUSIC” [US LP |BS 2904(WARNER)]
¥3800 (tax in.¥3990) 状態(盤/ジャケ):A/B
セバスチャンフリークの皆様におすすめしたい一枚。
セバスチャン・ライクなハートウォーミングなサウンドにカーティス・メイフィールド的
ニュー・ソウルスパイスをまぶした逸品。
ブルーアイドソウル/AORファンにも推薦。

aztectwostep.jpg
AZTEC TWO STEP
“S/T” [US LP |EKS-75031(ELEKTRA)]
¥2500 (tax in.¥2625) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
MFQのジェリィ・イエスターのプロデュースによる、そのスジでは有名な名作。
ほのぼのした中にも青臭い、刹那さを孕んだ曲・歌声が素晴らしい。
USオリジナル・美品!

flyingmachine.jpg
JAMES TAYLOR & THE FLYING MACHINE
“S/T” [US LP |EST-2(EUPHORIA)]
¥2000 (tax in.¥2100) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
西海岸にわたって成功するJ.T.とダニー・コーチマーの2人も若き日はヴィレッヂで
セバスチャンやピーターらと、しのぎをけずっていました。
このアルバムはその当時にレコーディングされた音源をもとに後年リリースされたもの。
J.T.のアップルから発表された1stで再演されているものがほとんどですが、D.クーチの持つ
ソウル感が注入されたミクスチャー感はまぎれもなくあの時代のヴィレッヂの感覚。
“Knocking ‘round The Zoo”には美味なブレイクあり。
これ使ったヒップホップのトラック、誰か創らないかな。

osolemio*.jpg
JO MAMA
“O SOLE MIO” [US LP |SD 8269(ATLANTIC)]
¥3000 (tax in.¥3150) 状態(盤/ジャケ):A/B(CUT)SOLD OUT!
西海岸にわたったクーチが、キャロル・キングとのシティを経て結成したのがこのバンド。
数年前フリーなんたらでもてはやした方々が飽きた為、グッとお求め安い価格になり嬉しい限り。
こんな全曲最高のアルバム一曲しか聴かないなんてもったいないですよ。

jisforjump.jpg
JO MAMA
“J IS FOR JUMP” [US LP |SD 8288(ATLANTIC)]
¥2400 (tax in.¥2520) 状態(盤/ジャケ):A/B(CUT)SOLD OUT!
こちらはセカンド。やっぱり全曲最高!
一曲目”Keep On Truckin'”から来た来たーって心躍る!
紅一点アビゲイル・ヘイネスのソウルフルだけど愛らしいヴォーカルがもおすんばらしいなあ。

introducing.jpg
BAT McGRATH & DON POTTER
“INTRODUCING” [US LP |BN 26499(EPIC)]
¥4300 (tax in.¥4515) 状態(盤/ジャケ):A/BSOLD OUT!
フィフス・アヴェニュ−・バンドやオハイオ・ノックス等の<あの感じ>を求めていくと
みんな辿り着くアルバム。
フォークとジャズが日溜まりの中でブレンドされた最高にピースフルな一枚。
まさに今の季節にぴったりな音です。

georgestreet.jpg
GEPRGE STREET
“LIVING ON DAYDREAMS” [HAWAII LP |GGS 3227(GEORGE STREET)]
¥6800 (tax in.¥7140) 状態(盤/ジャケ):A/ASOLD OUT!
最後はちょっと番外。
『モンドミュージック』にて紹介されて知れ渡った韓国系ハワイアンによるアコースティックポップの逸品。同書ではネオアコを引き合いに語られておりましたが、(それも頷けるんですが)僕はあのバンキー&ジェイクを思い出さずにいられませんでした。
今回紹介したような音がお好きでしたら絶対気に入ると思います。是非!

Filed under: 特集 — coconutsdisk kichijoji @ 15:44:23

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.124 sec. Powered by WordPress 3.1.2