2020/8/29 土曜日

フリー和モノBGM 和レアリック ((Walearic 30)) by Willie

Filed under: ◎ 和モノ / JAPANESE,B.G.M. — coconutsdisk ekoda @ 20:59:45

江古田発、珍妙奇天烈レフトフィールド・バレアリック?和モノ・ミックス・シリーズ「和レアリック」新作「30番」をミックスクラウドにアップしました。

今年は今までに経験したことの無い特殊な夏。ただ暑かっただけなような。それでも夏休みらしい雰囲気はあった様な、無かったような。そんな何時の間にか始まって終わってしまいそうな夏のBGMとして和レアリック本編久方ぶりの(途中イロイロと作っていたような気がしておりましたが)更新で御座います。今年の夏のように何も始まらなく何も終わらない、掴みドコロのないボンヤリ凡庸脱力ムードな内容となっております。聴くだけ時間の無駄かもしれませんが小さい音で何処かで鳴っていてくれたら良いなとも思っております。ナニトゾドウゾヨロシクオネガイイタシマス(マ)

Japanese balearic mix “walearic 30″ by Willie. Mood music, easy listening, fusion, spoken word and more. A mysterious summer BGM where nothing happens. Yoroshiku Onegai Shimasu.

【Walearic 30】 by Willie

石坂浩二 (Koji Ishizaka) / 雲を追い払おう
松岡直也 (Naoya Matsuoka) / さようなら日曜島
アトラス (Atlas) / Walkin’ Around In Summer Sand
村松健 (Ken Muramatsu) / 緑のささやく島
和田アキラ (Akira Wada) / セイシェルズ・マーメイズ
佐藤博 (Hiroshi Sato) / イブニング・シャドウズ
野力奏一 (Noriki) / Mild Life
日野皓正 (Terumasa Hino) / Gently
井上順 (Jun Inoue) / 微笑みをあなたに
寺内タケシとブルージーンズ (Takeshi Terauchi) / Dreamy Light
前田憲男 (Norio Maeda) / 別れ話は最後に
オフ・コース (Off Course) / 潮の香り Instruments
コロムビア・ポップス・オーケストラ (Columbia Pops Orchestra) / ガラスの林檎
真野響子 (Kyoko Mano) / 二人だけ
増尾好秋 (Yoshiaki Masuo) / (I’m Still) Believing in Dreams
ゴンザレス三上 & TITI 松村 (Gontiti) / Canal Tune
清水トモコ (Tomoko Shimizu) / タヒチ島 “The Tahiti”

2020/7/18 土曜日

Ekoda B.G.M (E B G M) テリー・ザ・キッド (Terry The Kid) / Bucolic mix

Filed under: ◎ LEFT FIELD,◎ DANCE MUSIC,B.G.M. — coconutsdisk ekoda @ 22:22:03

お久しぶりの江古田BGM更新です。つい先日ミックスクラウドのアカウント「E B G M」を「和レアリック」とは別に新たに立ち上げまして、現在これまでの江古田BGMを掲載しなおし中。こちらの「E B G M」ではこれまで通り江古田店頭BGMお裾分けのスタンスで今後も幅広くイロイロとアップしていく予定で御座います。和レアリックももともとは江古田BGMの和モノ部門、ゆめゆめ本末転倒になることの云々。そんななか、和レアリックの7番と24番でお馴染みのテキサス・ブロンコ、現在浜松在住テリー・ザ・キッドの新作「Bucolic mix」をE B G Mにアップしました。キッドの謎バランス感覚が滲み出るホッコリな70分間BGM。本人曰く”隣の部屋のPCから垂れ流すくらいがちょうど良さそう”とのこと。ゼヒ。ドウゾヨロシクオネガイイタシマス(マ)

Terry The Kid / Bucolic mix

一体どこへ連れて行くのか。Terry The Kidがデリバーしたmixは、機知に富む人格が浮き出た予測不明の旅筋となった。それこそbucolic(=牧歌的)を冠するに相応しいハワイアンの調べの中、突如として現れる擦れたブレイクビーツにG-Funk、眩しいディレイが響けば、目の前に広がるのは虚ろなネオン街。世界線の定まらないルーズなビートを淡々と打ち込むレプリカントを越えて、旅の扉を潜った先に見えるのは、蜃気楼で塗りつぶされた大草原の小さな家?SF映画がブラウン管越しに流れる昼下がり、図らずも穏やかな気分にさせられる硬派なランダム・ローグライク。肩肘を張らずにリラックスできるのはともかく、小さな音量で一音一音、耳で拾いながら聴くのも良い。結局毎回、Terry The Kidを仰ぎ見ることになる。

Where on earth are you going? The new mix Terry The Kid delivered has become an unpredictable journey driven by his witty personality. Led by tracks like Hawaiian ones that appropriately evoke the theme of this mix “bucolic” in the beginning, then it unexpectedly but comfortably transits its destination to rubbed broken beats and G-Funk of dazzling delay echoes showing an empty neon city spreads in front of you. Giving a contemptuous glance to the replicants who gently keep hitting loose beats of uncertain world line, you can see the small house?? on the huge prairie painted in by mirages. Like a classic random-roguelike game that makes you unconsciously feel calm in the afternoon when a SF movie flows through the CRT television. Aside from the fact it would make you relax like your regular self, it is also nice to listen to each sound at a low volume, picking it up with your ears. After all, I look up at Terry The Kid every time.

Tiago / Mindless Disco Jam
Leo Addeo And His Orchestra / Adventures In Paradise
Avena e Primo / Feelings
New Zion Trio / Hear I Jah
Arrigo Lora-Totino / Poesia liquida and liquimofono
DJ DSL / Liebeslied Version #3
Dazzie Dee / Knee Deep
Imagination / Music And Lights
Chocolat’s / Ma Gigolette
The Beat Broker / Pacific Break(Edit)
Jonas Broberg / Figure
Laurel Aitken / Hoochie Coochie Man(Piers Harrison Re-edit)
Loose Ends / Hungry
Fizzy Veins / Go Home
Harmonious Thelonious / Abstract Painting 104-105_7#2
H. Izumi And City Crows / Ebb Tide

次ページへ »

HTML convert time: 0.215 sec. Powered by WordPress 3.1.2